時代は癒しを求めている

「はぁぁ…。疲れた。。」求めているのは「癒し」

『癒し』という言葉が女性の間でいわばブームのようになって、今ではブームを過ぎてひとつの「ライフスタイル」に『癒し』が生活の中にごく当たり前のように存在しています。『癒し系アイドル』『癒し系グラドル』などはタレントを紹介するときの肩書きのひとつにさえなっています。『癒し系女子』も『癒し系アイドル』と同じように、かなり曖昧な感じの表現になってしまいますが【ふわーっとしていて、その人がいるだけで、周囲には穏やかな空気感が漂って周囲がおもわず「ほっこり」してしまう】そんな感じが癒し系女子の存在だといえます。米倉涼子のようなビシッとしたシャープな美人、クール系女子ではなくほわわわぁ~んとして感じの癒し系女子を目指さなくても、癒しを求める女性たちはたくさんいます。

癒されたい私

「求めなさい。そうすれば与えられます。探しなさい。そうすれば見つかります。門を叩きなさい。そうすれば、開かれます。誰でも、求めるものは受け、探すものは見つけることができ、門を叩くものには開かれます。」これって聞いたことありますか?!なんとなく最初の「求めなさい」の下りは小耳に挟んだことがあるかもしれませんが、聖書のマタイによる福音書にある聖句です。

 

『癒し』という言葉は、新約聖書の中にたくさん出てくるんですね。イエス・キリストが人々を『癒した』という具合に、宗教的な奇跡が起きたときにたとえば「主イエス・キリストは癒された」という感じで出てくるんです。聖書の中で使われている『癒し』は、盲目だった人が目が見えるようになった『癒し』であったり、歩けなかった人がイエス・キリストの『癒し』であるけるようになったり・・というように、まさにアメージングな奇跡を『癒し』としています。

今の私たちが求める『癒し』とは、ちょっと違っていますけど「あーーっ!!疲れた。疲れすぎて本当にどうにかなりそう。。。。はぁーーーーっ癒されたい。」という具合に『癒し』という言葉をつかっています。それでいいんです!!川平慈英じゃないですが、【いいんです!!】 疲れは万病の元だし、頑張りすぎなど続くはずもないもので心が壊れてしまう前、そして身体が壊れてしまう前、一生懸命頑張って頑張り過ぎないように『癒される』ことが何よりだからです~ あまりに現代社会はストレスフルですから!


癒しを求めてさまよって・・

どっかのパクリじゃないですが、ジュリア・ロバーツの映画に「食べて、祈って、恋をして」というのがありましたね~ 2010年映画ですが映画の原作になったのがエリザベス・ギルバートの回想録でなんでも累計700万部を売り上げたとか・・。それだけ読者を共感させた話ということです。これもまたひとりの頑張って突っ走っている女性の話になっていて、ニューヨークでジャーナリストとして働く35歳の女性が、仕事にそしてプライベートに邁進して日々を過ごしていたけれど、心のどっかで満足しきれない思いを抱いていて、「昔はもっと毎日毎日が輝いていたのになぁ・・」という思いを募らせ、ある日思いきって人生を一旦リセットします。

ニューヨークでの暮らしを捨てて、ニューヨークを離れて『本当の自分を探す』旅に出ます。これですよ。これ!!「自分探しの旅」本当はこんなはずじゃなかった。いったい何に私は満たされないんだろう・・。という思いを抱えている女性って多いもの。なかなかエリザベス・ギルバートのように、仕事も辞めていったんリセットすることが怖くて踏み出せないだけです。『本当の自分』探しはどんなんだったの?!という、主人公と自分を重ね合わせることができるからこそ、あれだけベストセラーになったのもうなずけますね~

「本当の自分探し」の旅に出かけたのは、イタリアだったりインドだったり。イタリアも女性憧れの都市で、イタリアではどんどん太ることも怖れずに果敢にイタリア料理でグルメ三昧!ピザにパスタと「炭水化物最高♪」とイタリア料理を満喫して、インドではヨガに瞑想と『癒し』を求めるいわば聖地のような場所で、ヒーリングをもとめます。旅の最後の目的地はバリ。そこで予期しなかった出会いを通じて少しずつ自分自身が解放されることを感じます。

『癒し』と『解放』はつながっているひとつのループのようなものにも思えてきますね。ヨガの最後で必ずといってもやる『シャバ・アーサナ』では、頭の中を空にしていろいろなものを解き放つように頭の中を空っぽにすることが目的なので「解き放ちます」みたいな言葉がヨガインストラクターから誘導されます。そのままガーーーッと寝てしまっては眠りになってしまうから、『シャバ・アーサナー』は覚醒状態っていうか心は超リラックスしていて、頭の中は空っぽで坐禅をしている時のあたままっ白状態が理想じゃないでしょうかね。なかなか邪心が多いだけに、無=空になることがとても難しいのでありますが時には頭の中を空っぽにすることでものすごいリラックス効果があるので、溜まった疲労が一気に軽くなったりします。

ヨガやって血行が促進されて、それで最後の『シャバ・アーサナ』でスコンあたまをまっ白に一旦リセットすることで、ものすごいリラックス効果を得ることができるので、やっぱりヨガは癒しを求めている疲れた現代人にはかなり有効なはず!! 癒しを求めてヒーリングを受けると、今度は心の浄化になるとかでヒーリングで心と身体を回復させましょ!っていうのもやっぱり『癒し』そのものになりますね~

動物さわって、美味しいもの食べてリラックス

動物をかわいがって抱っこするだけでも、これまた癒されますね~~「アニマルセラピー」という言葉もあるように、老人ホームといったお年よりがグループで住む施設などで、小さい動物をお年寄りが抱っこするだけで、お年よりはかなり癒されるようですよ。なんでもそんな癒しのペットをコンパニオンアニマルというようですが、抱っこしたり頭をなでたりすることで情緒面でもかなりよい効果が得られるよう。

反対に大事に大事に家族同様に暮らしていたペットが亡くなってしまったら、あまりのショックに「ペットロス」になってしまうことも多いので、ペットによってどれだけ癒されているか?!ということが分かりますね~ 

同じように小さい幼児とか赤ちゃんと一緒に寝ると、なんでも癒し効果ならぬマイナスイオンを出しまくっているんじゃないの?!と思うほど、赤ちゃんとか小さい子を抱っこしたり一緒に寝たりすると、「ホッ」とリラックスできるのも、動物さわってアニマルセラピーと同じような癒しがあるのでしょうね。おそらく脳波はデルタ派状態かも。パソコンでカチカチ仕事していたり、スマホいじっていたり、テレビを見ているときとは、絶対に今の脳波は違うだろうなぁ~~と思うのも納得です。

またまたさっきの映画の話じゃありませんが、本当の自分探し!をするために、イタリアで美味しいものをバンバン体型を気にせず食べる。その時の脳もやはりリラックスしているはず。美味しいスィーツを食べたり、美味しいピザを食べている時に、「うまい・・。なんてこんなに美味しいのぉ~」と幸福感に包まれるのは、脳内物質にドーパミンだったりエンドルフィンが分泌されているから、食べたことで幸福感に包まれていきます。「美味しいものを食べると、幸せになるよね~」と言う会話はうそじゃなく、本当に科学的にも証明されている事実ですね♪


アロマテラピーで癒される

アロマテラピーも「癒されたい~」人が大好きなもののひとつですね。匂いで癒されるというのもいい感じです。あとアロママッサージで、精油を使ってオイル・マッサージを受けると極楽です。おもしろいのが、アロママッサージでも全面的にマッサージをメインとして打ち出しているサロンもあれば、アロマテラピー効果を得ることを主な目的としてるサロンとがあることかな。

マッサージよりアロマテラピー効果を前面に打ち出している所になると、精油にもかなりお金を使っているのでお値段も高めになっちゃってますが、精油の純度が高いことを考えればそれは仕方のないこと。中にはアロマテラピー×スピルチュアルとでもいいましょうか。アロマテラピーと占星術だったり、レイキヒーリングなどを掛け合わせたアロマテラピーをうちだしているところがあります。スピルチュアル大好き、アロマ大好きだったら、アロマテラピーで検索するよりぜったいスピルチュアルを入り口にしたほうが、すんなり受け入れやすくなるかもしれないですね~

ちょっとスピルチュアル系も味わったアロママッサージでの体験談をご紹介しましょう~! ただしマッサージを受ける女性は、そこまでスピルチュアル好きではないようで、本来マッサージが好きなのでマッサージ目的でわりと近所にアロママッサージができるサロンができたとかで、これはせっかくだから初アロママッサージを受けてみようじゃないか?!ということで、アロママッサージのサロンへ初体験でした。

水晶とアロマ??

お店にはいって、まず簡単なカウンセリングを受けて既往病歴などを伝えます。そして日常生活での過ごし方であったり、腰痛や肩こりにつながる生活習慣などを伝えてハーブ茶のようなものを飲んで、これからアロマで使う精油を選んでもらいます。そしてその精油についてどんな効果があるのかの説明を受けます。そして着替えていよいよアロママッサージの開始です。

アロママッサージをする時に、なにやら石を持つように言われました。なんでも手に持つのは水晶とか。パワーストーンの代表格ともいえる水晶はとっても強力な浄化する力があるとかで、これを手に持ってアロママッサージを受けるとさらにデトックス効果が促されるとか…。手に水晶を持ったままでうつぶせ??おいおい。怪しすぎるーーーこんなんだったらやめときゃよかった。とかなり水晶を手に持つ自分に抵抗があったとか。スピリチュアルなものが大好きだったら、なんの抵抗もないことかもしれないけど、「スピリチュアル=怪しい」という考えを持つ彼女のことだから、心の中で葛藤したと聞いて、大笑いしちゃっいました。

そして心の中で葛藤をしながらも(笑)、指示されたとおりに水晶を手にしたそうですが右手には丸い形の水晶で、左には△の水晶だったとか。なにそれ~!水晶持ってマッサージを受けるの初なのに、おまけに形まで指定するなんて、なんじゃそれーーーっと彼女がさらなる自分自身につっこみを入れたことは言うまでもありません。その手に持って戸惑っている様子を想像してみたら、かなり笑えました。

なんでもパワーストーンには形によってパワーが変化するとかで、丸い球のような型は、無限に拡大するパワーを表していて三角のピラミッド型は、精神と身体を安定させるとか…。

彼女は疑心暗鬼状態で、右手にボール型左手にピラミッド型の水晶を持ちうつぶせになって施術が開始されました~

もちろん疑心暗鬼状態なので、こんなのもって意味あるの?バカみたい。とブツブツ心の中で思いながらも、施術はどんどん進んでいきます。最初は、はずかしいーーなんで水晶?!とやたらと水晶を手にしてることに納得できず「やっぱり水晶は持ちたくありません」って言おっかな~と思っていたとかで、そんなことを考えながら施術を受けていくうちに、だんだん背中や脚の裏側と筋などがとっても気持ちいい~~と身体が温まり始めたことに気づきます。

これがアロママッサージかぁ~匂いもいいし、これは気持ちいい…・。。。。。と段々思い始めた頃、うかつにも眠りに落ちてしまいた。どうして彼女がうかつにも眠りに落ちたか!というと、マッサージを堪能したいからこそ、マッサージを受けながら眠ってしまうのはもったいない。というのが彼女の信条のようで、80分コースとかの全身コースを頼んだからこそ十分にアロママッサージを堪能したいと思っていたので、寝てしまうことはもったいない!損した!と、かなりせこい気持ちもあったようですが、不覚にも彼女は「終わりました。どうぞ目を開けてください」と言われた時に「ハッ!!!シマッタ!!寝てしまった・・。」と、はぁ~~となんてもったいないことをしてしまったんだ。。。とガックリしたそうです。

不覚にもヨダレを垂らして爆睡してしまったとかで、口の周りにヨダレの後が付いていたとかで「終わりました。」という声を聞いたときには、ヨダレがヨダレが…で頭はいっぱい、そして寝てしまったことに対する悔しさと心地よい気持ちで不覚にも寝てしまった自分が、許せなかった。とか…。気持ちよかったからそれでいいじゃん。と思うけど、最初は疑心暗鬼マンマンだったのに、なんで寝ちゃったんだろう。今までもいろいろマッサージ受けていて、寝ちゃったことはあるけど今回は寝た時間が過去最高かもしれない。と思ったようで、マッサージの後にハーブティを飲みながら「途中までは寝てしまうとは思わなかったのに、途中でいつの間にか眠ってしまった。。」という話をしたところ、なんでも施術した人は「やはりそうですか~~。途中までなかなか指が身体に入っていかなくてどうしたんだろう?!と思っていたんですが、途中からすっーーっとどんどん入っていったので、おそらくその頃に眠られたんですね。」と話したそうな。

アロママッサージを受けた友人は、あれがアロマ効果?それとも水晶効果?!その辺りは分からないけど、ニオイがあるマッサージって全然違うね~。あれは精油がいいからかも?!おまけにやっぱり水晶パワーか?!とスピルチュアルをバカにしていたのを、それを機会にバカにすんのやめるわ。とすこーし意識変革があったようです。なんでも食わず嫌いはいけないってことかもしれませんね。どっぷりとはまるのも自由だし、バカにして笑い飛ばすのも自由。ただ、頭から全否定するより少し「知る」姿勢を持つだけで、人生の楽しみもかなり広がることを感じます。

それが「自分自身を解放」する。ことに繫がるのかもしれません。